【道家道学院】 関西本校 大阪道学院スタッフブログ

taoosaka.exblog.jp

節分とタオイズム

こんにちは!
大阪道学院の朱李です♪

明日は節分ですね~!
最近になって恵方巻きも全国で食べられるようになりましたが、やっぱり節分といえば豆まき!
恵方巻きは、もともと関西の風習だそうですね。



みなさんは、節分と道教の意外な関係をご存知でしょうか?

節分というのは、道教の影響があると考えられています。
鬼(=鬼門 ※鬼の出入りするところ)に豆をぶつけて邪気を追い払い、一年の無病息災を願うものですが、これは、中国から渡来して宮中で行われていた悪鬼・厄神払いの行事と、寺社が邪気払いに行った豆打ちの儀式が融合した物とも言われているそうです。

おもしろいですね~!

前日のブログに、長崎新聞に掲載!【長崎に道教の寺があった!】という記事を書きましたが、つい最近は、『卑弥呼の鏡』と呼ばれる、【三角縁神獣鏡】が3Dプリンターによって精巧なレプリカが作られ、考古学的な分野がまた発展した、というニュースもありました。
この『卑弥呼の鏡』は、裏面に道教の神仙思想に基づく神獣像が表現されているといいますし、卑弥呼の時代にはもう、タオイズムは日本に伝わっていたのですね!!

いつの時代に、誰によって、どんな風に日本に道家の思想や導引術が伝わっていったのか・・・
うーん、タオイストのロマンですね!!



鬼といえば、『マンガで読む 酒風呂健康法』という本がありまして、そのなかの鬼の話がとても印象に残っています。

平たくいうと、怒りん坊で嫌われ者の鬼が、酒風呂に入ってツノがとれて鬼じゃなくなっちゃう、という内容なのですが、これは、ただの日本昔話的な童話ではなく、道家の気のトレーニングの一つ、洗心術のお話です。

―――やたらと腹が立つ人、自分の心がわからない人、毎日がつらい人、あがり症の人―――
こんな困った心の問題の解決のヒントが見えてくるかもしれません。

最近は本屋さんでは手に入りにくいかもしれませんので、ぜひ便利な『早島ブックショップ』で本の紹介を詳しくみてみてくださいね♪



そういえば、朱李が子供のころは、鬼に豆を投げつけてやっつけるよりも、早く豆たべたいなー、とか思っていた記憶があります(笑)
今年はせっかく大阪にきたし、恵方巻きを食べてみようかな☆

ではでは、また~♪


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
関西で3つの気のトレーニングを習いたい方は

お気軽にお越しください☆気のトレーニング説明相談会についてはこちら!

日本道観大阪道学院ホームページはこちら!
日本道観オフィシャルサイトは

気のトレーニングの本のご紹介はこちら!
[PR]
by osakadokan | 2014-02-02 17:44